3/30~公式戦5試合目  vs埼玉西武ライオンズ at 札幌ドーム~

公式戦

昨日はド派手な開幕セレモニーでしたが、打線は沈黙。
今日こそ初勝利を!

123456789RHE
L0000050005100
F1000020003 60

投手

加藤(5 2/3)-古川(1/3)-宮西(1)-井口(1)-杉浦(1)

野手

浅間(左)
渡邉(指)
近藤(中)
清宮(一)
石井(遊)
アルカンタラ(二)
万波(右)
宇佐見(捕)
佐藤(三)

先発加藤は素晴らしい立ち上がり。1回を三者凡退。

打線は初回、1アウトから渡邉がセンターオーバーの3ベースヒット!ベース上でガッツポーズを見せます。3番近藤は勝負を避けられ、4番清宮。登場曲を変えて挑む第一打席。フルカウントからフォアボールを選びます。5番石井は初球からしっかり打ちに行き、ライトへ大きな当たり!フェンス手前で失速しますが、犠牲フライで1点先制!

2回裏、1アウトから宇佐見がレフト線へ2ベースヒット。しかし、佐藤、浅間が倒れ追加点とはいきません。
4回裏、石井が出塁し2塁まで進みますが、飛び出したところキャッチャー森も牽制でアウトに。新庄BIGBOSSからリクエストも覆らず。チェンジ。

加藤は2回以降も安定しており、4回までノーヒットピッチング!
5回、中村に2ベースヒットを打たれますがしっかりと後続を打ち取り無失点。

しかし、6回にエアポケットがありました。2アウトまで取るも、まさかの1番鈴木から7番栗山まで7連打で5失点…。ここで加藤はノックアウト、古川がバトンタッチ。1球でアウトを取りチェンジ。

1点でも返したい6回の裏、1アウトから近藤、清宮のヒットで2、3塁のチャンスを作ると、石井のファーストゴロの間に近藤が生還、続くアルカンタラが右打席で来日初ヒットとなるセンター前タイムリーヒットを放ち、2点差とします。

7回宮西、8回井口、9回杉浦がしっかり無失点で抑えるも、野手陣もライオンズ中継ぎ陣にチャンスを作れず、ゲームセット。

まとめ

またしても初勝利とはいかず。開幕から一回に大量失点をされ逆転をされることが続いています。加藤投手の序盤の出来を見ると、かなりもったいない試合となりました。 野手陣では、出塁率5割を超える近藤選手や風格がでてきた清宮選手、打率4割越えのアルカンタラ選手など徐々に打線の繋がりがでてきているような印象です。
明日こそ長いトンネルを抜け出せると信じて応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました