【9/12公式戦128試合目】加藤ちゃん粘りも投球も、2試合連続完封負け

公式戦

11連戦の3試合目。
完封負けの翌日、貪欲に1点を取る姿勢が見たい。

スタメン

投手

加藤(8)

野手

上川畑(二)
古川(右)
松本(指)
近藤(左)
谷内(三)
今川(中)
清宮(一)
宇佐見(捕)
石井(遊)

試合内容

123456789RHE
F000000000070
M10110000X380
勝ち投手 鈴木(1勝2敗0S)
セーブ  オスナ(3勝0敗8S)
負け投手 加藤(6勝7敗0S)

初回、上川畑と古川の連続ヒットで0アウト1・2塁と先制のチャンスを作るも、松本、近藤が倒れ先制できません。

逆に先発加藤は初回、先頭荻野に3ベースヒットを許すと続く高部にタイムリーを打たれ3球で先制されます。

3回、荻野フォアボール、高部ヒットでピンチを招くと、中村に犠牲フライを打たれてしまいます。
4回にも2アウト2塁から茶谷にレフトへタイムリーを打たれ3失点目。

5回以降は立ち直り、加藤らしい淡々と投げ込み、終わってみれば8回110球3失点と粘りの投球を見せます。

打線は7回に最大のチャンスを作ります。
3番松本、4番近藤、5番谷内の3連続ヒットで0アウト満塁。
バッターは今川。その初球。サードへのゴロでダブルプレー…
続く清宮に託されますが、結果セカンドゴロで得点ならず。

こうなると流れはつかめず、8回9回も無得点でゲームセット。

まとめ

2試合連続の完封負け。

序盤の失点が最後まで響き、勝利に至らず。

落ち込んでいる暇はありません。切り替え切り替え!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました