【9/11公式戦127試合目】打線が振るわず完封負け。

公式戦

スタメン

投手

ポンセ(6)-吉田(1)-玉井(1)

野手

上川畑(二)
松本(指)
近藤(左)
木村(右)
古川(捕)
清宮(一)
中島(遊)
谷内(三)
アルカンタラ(中)

試合内容

123456789RHE
F000000000050
L01200000X370
勝ち投手 與座(10勝6敗0S)
セーブ  増田(2勝4敗30S)
負け投手 ポンセ(3勝5敗S)

初回、上川畑、近藤のヒットで1アウト1・3塁と先制のチャンスを作りますが、木村、古川が倒れ先制できず。
2回にも2アウトから谷内の2ベースヒットとアルカンタラのフォアボールでランナーをためますが、上川畑が凡退。

すると、ポンセは2回裏先頭中村に3-1からセンターへの先制ホームランを打たれます
さらに3回裏にも、金子、源田の連続長打で1点、続く森に犠牲フライを打たれ、2失点。

打線は、4回6回と1・2塁を作るもあと1本がなかなか出ず。

7回から吉田がマウンドに。
先頭呉を空振り三振、続く愛斗はライト木村のファインプレー!
3アウト目は金子を空振り三振!!

8回は玉井。
ランナーを抱えながらの苦しいピッチングですが、1点を許さず無失点。

しかし野手陣はライオンズ投手陣を崩せず、完封負け。

まとめ

早い段階で、チャンスをものにできないとなかなか流れがつかめませんね。

1年通して、どう1点を取るかをやってきたファイターズ。
最後の最後まで、チャレンジ精神を忘れず、来季への希望を作ってほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました