【9/10公式戦126試合目】近藤!近藤!!近藤!!!

公式戦

今日から怒涛の11連戦。
初戦の先発は10勝をあげている伊藤投手。抑え候補としてもあがる中、最多勝利の可能性がある限り先発起用なのでしょう。
去年の10勝を超え、11勝目をあげられるか。

スタメン

投手

伊藤(8)-石川直(2/3)-井口(1/3)-ロドリゲス(1/3)-河野(2/3)

野手

上川畑(遊)
松本(指)
近藤(左)
石井(二)
今川(右)
清宮(一)
宇佐見(捕)
佐藤(三)
万波(右)

試合内容

12345678910RHE
F0000000101240
L0000000010150
勝ち投手 井口(2勝0敗1S)
セーブ  河野(0勝2敗1S)
負け投手 増田(2勝4敗29S)

初回ファイターズの攻撃は、先頭上川畑がフォアボールで出塁すると、1アウトから3番近藤プロ通算1000安打となるヒットで1・3塁とチャンス拡大!!

4番石井がフォアボールを選び満塁とするも、今川、清宮は凡退し先制のチャンスを逃します。

一方、伊藤のスタートはランナーを出しながらもしっかり無失点スタート。

2回以降は、両先発が好投を見せ得点に結びつけません。
伊藤は7回まで94球2安打無失点とHQS。援護点を待ちます。

すると8回表。1アウトから松本がフォアボールで出塁し、代走杉谷が登場。なにかが起きそうな予感・・・

その予感は的中。続く3番近藤が1-1から右中間への2ベースヒットで、ランナー杉谷が激走!!!終盤で先制します

先制してもらった伊藤は8回も変わらずナイスピッチング。
2アウトから2ベースヒットを打たれるも、後続をしっかり打ち取ります。
8回を投げ113球3被安打1四球無失点。11勝目の権利を持ってマウンドを降ります。

9回裏、石川直がマウンドに上がります。
今日はなかなか制球が定まらず、2アウトを取りながらも2つのフォアボールで一打サヨナラのピンチ。
6番中村に1-0からレフト前に運ばれ、土壇場で同点に追いつかれます。

続く代打栗山にもフォアボールを与え、満塁と絶体絶命のピンチで、井口に交代。
1-1からの3球目、高めのスライダーでセンターフライに打ち取り、火消し成功。

延長に入った10回表、クローザー増田を相手に簡単に2アウトを取られます。

続く打者は、1000安打、先制タイムリーとノリに乗っている近藤
1-1からの3球目、完璧に捉え、ライトスタンド中段に飛び込む勝ち越しの第7号ホームラン!!!

今度こそ1点差を守り抜くべく、ロドリゲスが登板。
9番愛斗を空振り三振で1アウト。
1番源田にはセンターへヒットを打たれます。

ここで河野に交代。
2番鈴木に対して、セカンドゴロ!ダブルプレー!!でゲームセット!!!

まとめ

痺れる投手戦は延長戦の末、勝ち切りました!!

伊藤投手は好投も11勝目は逃してしまったことはとても悔しい。。
最多投手への道はより厳しくなりましたが、一つ一つまた勝ちをつけていけるよう応援していきましょう(もしかしたら、抑えへの転向も・・?)

今日はなんといっても

近藤!大!明!神!

1本目:節目の1000安打
2本目:先制となるタイムリーヒット
3本目:勝ち越しのホームラン

これ以上ない活躍を見せてくれました!
来期も一緒に戦ってくれますよね?

ひとまず、明日の1戦必勝!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました