【9/7公式戦124試合目】近藤の通算999安打目で勝ち越し!3連勝!!

公式戦

前日はクラシックユニフォーム初戦は快勝。
今日も勝利を掴みたい!

スタメン

投手

上原(3 1/3)-鈴木(1 2/3)-北山(1)-ロドリゲス(1)-井口(1)-石川(1)

野手

上川畑(遊)
谷内(三)
近藤(中)
松本(指)
古川(捕)
木村(左)
清宮(一)
アルカンタラ(二)
万波(右)

試合内容

123456789RHE
B002000000261
F00200010X380
勝ち投手 ロドリゲス(2勝2敗0S)
セーブ  石川(2勝1敗5S)
負け投手 吉田(0勝1敗0S)

先発上原は1回2回を3人で抑え好スタート。

打線は初回、1アウトから谷内のヒット、近藤のフォアボールで1・3塁を作り、4番松本。その初球、セーフティースクイズを試みますが失敗に終わり無得点。
続く2回にも1アウトから清宮2ベースヒット、アルカンタラ、万波は連続フォアボールを選び、満塁とするも、上川畑はファーストゴロダブルプレーで先制点を取れません。

チャンスをものにできないと流れが相手にいってしまいます。
3回表、先頭にフォアボールを与え送りバントで得点圏にランナーを進まれると、9番西村にタイムリー3ベースヒットで1点を先制されます。
さらに2番中川にもレフトへのタイムリー3ベースを打たれこの回2失点

その裏、先頭谷内の2打席連続のヒットで出塁、近藤フォアボールで1・2塁とし、4番松本は送りバントを決め、1アウト2・3塁。
2アウトとなり6番木村が0-1からライトへの同点タイムリー2ベースヒットですぐさま同点!!

両チーム早い回で継投に入り、4回以降同点のまま進んでいきます。

均衡が破れたのは7回裏。先頭上川畑がヒットで出塁、谷内が送りバントで1アウト2塁で3番近藤1-1からあわやホームランという当たりでタイムリー2ベースで1点を勝ち越し!!

8回は井口がマウンドに上がります。
しかし、先頭福田にデッドボール、中川にヒット打たれ1・2塁とされます。3番吉田への初球、ライトオーバーフェンス直撃のヒットを打たれ同点…と思われましたが、ライト万波のトリックプレーでセカンドランナーを3塁にストップさせます。

しかし、0アウト満塁とピンチは続きます。
4番頓宮を空振り三振、1アウト
5番宗を見逃し三振、2アウト
6番安達をフルカウントからライトフライに打ち取り、絶体絶命のピンチを切り抜けます。

9回は石川がマウンドに上がり、ヒットを1本打たれますが、しっかり0点で試合を締めくくり、ゲームセット。

まとめ

1点差ゲームを制し、バッファローズ相手に連勝!!

同点打を放った木村選手や勝ち越し打を打った近藤選手だけでなく、上川畑選手や谷内選手の派手さはないけど、For the teamを徹する選手がいかに重要か感じる試合でした。

1週間程度遠征にでますが、ユニフォームの力ではなく選手の力で勝てるんだというところを見せてくれ!ヤングファイターズ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました