【8/30公式戦118試合目】上沢8回まで力投見せるも、打線が振るわず敗戦。

公式戦

今日の先発は、今季ライオンズ相手に3勝をと相性のいい上沢投手。
前回登板では、怪我明けが影響しては8失点とらしくない投球。
1週間で修正しエースとしての投球を見せてくれるか。

スタメン

投手

上沢(8)

野手

清宮(一)
石井(二)
近藤(左)
松本(指)
上川畑(遊)
古川(右)
今川(中)
佐藤(三)
清水(捕)

試合内容

123456789RHE
F001000000170
L01020000X350
勝ち投手 高橋(9勝7敗0S)
セーブ  増田(2勝3敗28S)
負け投手 上沢(6勝7敗0S)

初回早速チャンスを作ります。
2番石井のヒット、近藤のフォアボールで1アウト1・2塁。4番松本のセカンドゴロで、ランナー近藤が1・2塁間で止まりタッチを回避すると、その間に松本が1塁を駆け抜け、オールセーフ!!うまい。
続く5番上川畑の初球、エンドランを仕掛けるも、サードへのファールフライでランナー戻れずダブルプレー・・・

2回裏2アウトから栗山にレフトへの2ベースを許すと、続く鈴木にも2ベースヒットを打たれ1点を先制されます。

3回表、先頭清水、清宮、石井の連続単打で0アウト満塁を作り、逆転のチャンスでクリーンアップへ。
3番近藤は2-1からセカンドゴロ、ダブルプレーの間に1点を取り同点。
4番松本はいい当たりも、ファーストライナーで同点止まり。

4回裏、先頭森にフルカウントから右中間スタンドに放り込まれ勝ち越しを許します。(森は通算100号、おめでとうございます🎊)
1アウト取って、今度は5番呉に1-1からライトスタンドへグッバイ・・・

5回以降、両チームランナーを出しながらもあと一本が出ず、1-3と膠着状態のまま最終回へ。

9回表、ライオンズクローザー増田がマウンドに。
先頭近藤、松本の連続フォアボールで出塁し、続く上川畑の送りバントで一打同点のチャンス。
打撃好調の古川は三振で2アウト。
続く今川も空振り三振に終わり、ゲームセット。

まとめ

上沢投手の完投も実らず、敗戦。
あと1本のヒットをいかに出すか。いや、ヒットでなくともどう1点取るか。

今シーズンの課題に挙げていたことが、浮き彫りになってきている印象です。
残り30試合を切り最下位はほぼ決まっている状況で、来年に向けて選手たちのアピールやチームとしての戦略などやれることをやって、シーズンを終えたいところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました