【8/24公式戦114試合目】ミスが失点に繋がり、7連敗。

公式戦

昨日の釧路での試合に続き、きょうは帯広での試合になります。
帯広のファンに勝利を届けましょう!!

スタメン

投手

上原(4 2/3)-ロドリゲス(1 1/3)-古川(1)-石川(1)-北浦(1)

野手

郡(三)
アルカンタラ(二)
万波(右)
古川(捕)
上川畑(遊)
近藤(左)
松本(指)
清宮(一)
今川(中)

試合内容

123456789RHE
B000230000581
F000300001463

今日は下位打線が上位打線のような打順。
それが2回に機能しかけます。
4番古川がフォアボール、続く上川畑が送りバントを成功させ、1アウト2塁。
近藤が倒れるも、松本がフォアボールでランナーを溜めます。
続き清宮はレフトフライに倒れますが、下位打線でチャンスメイク。

先発上原は4回、味方のエラーとヒットで満塁を作ると、2アウトから若月に2点タイムリーヒットを打たれ先制を許します。

その裏、2アウトランナーなしから、上川畑、近藤がヒットで続くと、続く松本、清宮の連続タイムリーで同点!!
さらに、今川のショートゴロで相手のエラーを誘い、勝ち越しに成功します!

しかし5回の表、2アウト3塁とされバッター中川。ふらっと上がったファーストファウルフライを清宮が取れず。
その後、3-2から左中間に逆転の2ランホームランを打たれます。
さらに、吉田、頓宮に連続ヒットでさらに1点を追加されます。
ここで上原は無念の降板、ロドリゲスに交代。続く宗を抑え、ナイスリリーフ。

ロドリゲス、古川、石川、北浦と継投し、無失点リリーフをし、反撃を待ちます。

9回に近藤のレフトスタンドへのホームランで1点を返しますが、反撃もここまで。帯広での試合は4-5で敗戦。

まとめ

エラーからの失点が響き、敗戦。これで7連敗。

ここぞで勝ちきれない試合が続いていますが、来年に向けての準備段階と思い、我慢の時ですね。

そんな中でも、やはり松本選手や近藤選手は結果を出しています。
こんな選手が一人でも多く出てきてくれることを期待しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました