【8/10公式戦103試合目】両軍17人の投手をつぎ込んだ結果は・・・

公式戦

昨日は近藤選手の劇的な逆転サヨナラホームランで幕を閉じました。
今日も勝って、首位西武相手に連勝しましょう!

スタメン

投手

上原(7)-北山(1/3)-北浦(0)-玉井(2/3)-井口(1 2/3)-ロドリゲス(2/3)-吉田(2/3)-古川(2/3)-メネズ(1/3)

野手

片岡(中)
杉谷(二)
上川畑(遊)
清宮(一)
近藤(指)
野村(三)
古川(右)
梅林(捕)
アルカンタラ(左)

試合内容

123456789101112RHE
L0011000000002100
F0100101000002100

先発上原は初回、0アウト1・2塁とピンチを招きますが、森三振、山川ダブルプレーで無失点で切り抜けます。

しかし3回表、2アウトから1番外崎に左中間にホームランを打たれ1点を先制されます
さらに4回表、2アウト1・3塁で愛斗にライト前タイムリーヒットを打たれ1点を追加されます

打線は4回までヒット1本に抑えられますが、5回裏先頭近藤が2ベースヒット、古川がヒットで繋ぎ、1アウト1・3塁のチャンス。ここで8番梅林、2-2からレフトへタイムリーヒットを放ち、1点を返します!

上原は6回、7回を三者凡退で攻撃にリズムを作ります。

7回裏、野村、古川のヒットで1・2塁を作ると、2アウトでバッター今川。2-2からライト前に同点タイムリーヒットを放ち、同点!!

8回は北山が登板。1アウトを取るもフォアボールとヒットで1・2塁を作ったところで、北浦に交代。
しかし、山川にフォアボールを与え満塁として、火消し隊長玉井に交代。
5番栗山には圧巻の見逃し三振、6番中村をセカンドゴロに打ち取り、ピンチを脱します!

逆に8回裏、先頭杉谷ヒット、清宮デッドボールで1アウト1・2塁で近藤。しかし、セカンドゴロでランナー清宮の守備妨害でダブルプレーに終わります。

9回はお互い得点で延長戦へ。

10回表、1・2塁とランナーをためるも後続を抑え無得点。
10回裏、先頭今川がフォアボールで出塁。2アウト2塁になると、上川畑のセカンドゴロ内野安打の間に、ランナー今川がホームを狙うもタッチアウト。。。リクエストも判定覆らず。

11回、12回も両軍無得点で引き分け。

まとめ

5時間弱の激闘も、今季2度目の引き分け。

明日はデイゲーム、早く寝て休みましょう!また明日!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました