【8/7公式戦101試合目】今季京セラ初勝利!

公式戦

今日こそは!京セラ初勝利&スイープ阻止を目指しましょう!!

スタメン

投手

根本(6 2/3)-北山(1/3)-玉井(2/3)-メネズ(1/3)-井口(1)

野手

佐藤(三)
中島(遊)
今川(中)
清宮(一)
アルカンタラ(左)
渡邉(指)
片岡(右)
梅林(捕)
谷内(二)

試合内容

123456789RHE
F0200120005110
B0000001203101
勝ち投手 根本(2勝2敗0S)
セーブ  井口(0勝0敗1S)
負け投手 中村(0勝1敗0S)

初回からバファローズ先発中村を攻めたてます。
先頭佐藤の2ベースヒットで始まり、今川はフィルダースチョイスで出塁しい、1アウト1・3塁とチャンスメイク。
しかし、清宮、アルカンタラが倒れ先制できず。

一方先発根本も初回からピンチを招きます。
デッドボールとヒットで2アウト1・3塁とされます。ここは5番杉本をレフトフライに打ち取り、こちらも無失点スタート。

2回表、先頭渡邉がヒットで出塁。続く片岡もライトへヒットを放ち、プロ初ヒットを記録。

1アウト取られ、得点圏打率が高い9番谷内。1-2からレフトへタイムリー2ベースヒットを放ち2点を先制!!

先制してもらった根本は、2回に1・3塁、4回には1・2塁とランナーをためますが、タイムリーを許さず。

すると5回、中島のヒットで2アウト2塁となると、4番清宮がレフトへのタイムリーヒットで追加点!
さらに6回表、近藤フォアボール、片岡の初マルチヒットで1アウト2・3塁を作ります。8番梅林が2-1からのセンターへの2点タイムリーヒット!!これがプロ初打点となりました!!これで5-0。

7回のマウンドにも上がる根本。
2アウトまで取るも、8番紅林にレフトスタンドにホームランを打たれ1点を返されます。
続く頓宮にフォアボールを出したところで、北山にスイッチ。
1つフォアボールを出すも、マッカーシーを三振に打ち取ります。

8回は玉井。中川、吉田の連続ヒットでランナーを貯めると、宗に犠牲フライを打たれ1点を返されます。
そのあと若月、紅林の連続ヒットで5-3と2点差
さらに満塁とされたところで、メネズに交代。1番安達をショートゴロに打ち取り2点差で最終回へ。

9回井口が登板。
ヒットとデッドボールで2アウト1・2塁。一打逆転の場面で宗をセンターフライに打ち取りゲームセット!

まとめ

京セラドーム初勝利!!

根本投手は前回の反省を生かし今季2勝目、女房役の梅林選手のリードやプロ初打点でしっかり引っ張っていきました。
片岡選手もプロ初ヒットが出て、以降の打席で雰囲気がありました。

ヤングファイターズの活躍が目立ちますが、やはり中島選手や谷内選手の堅実なプレーが引き締めてくれています。
毎試合違う選手の活躍、成長が見られ、残りの試合も頑張りましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました