【8/6公式戦100試合目】京セラの苦手意識がなくならない…

公式戦

今日こそ京セラ連敗脱出を!!

スタメン

投手

田中(2 2/3)-古川(1 1/3)-メネズ(1)-吉田(1 2/3)-宮西(1/3)-北浦(1)

野手

清宮(一)
杉谷(二)
ヌニエス(指)
古川(捕)
今川(中)
アルカンタラ(左)
万波(右)
佐藤(三)
中島(遊)

試合内容

123456789RHE
F100000000170
B20000010X390
勝ち投手 東(1勝0敗0S)
セーブ  本田(1勝3敗2S)
負け投手 田中(1勝3敗0S)

先制はファイターズ。
初回、杉谷のヒットと古川の粘った末のフォアボールで2アウト1・2で今川がレフトフェンス直撃のタイムリー2ベースヒットで1点を先制!

しかし1回裏、2アウト2塁で4番吉田にレフトスタンドに2ランホームランを打たれあっさり逆転。
そのあとも満塁のピンチを作るも、そこはなんとか粘ります。

3回裏、田中は杉本にこの日2回目のデッドボールを当てあわや乱闘になるかというところで、BIGBOSSが直接杉本の元に行き声をかけ騒ぎを沈下。

制球が定まらず、田中はこの回で交代。
後を引き継いだ古川、メネズは無失点投球で試合を落ち着かせます。

7回裏に吉田がヒット2本で2アウト1・3塁のピンチを作ると、宮西にスイッチ。対するは吉田正尚、1-1からライトへタイムリー2ベースヒットを打たれ1点を追加されます。

打線は、バファローズ投手陣を打ち崩せず相手好守備にも得点をはばかれます。
最終回、先頭今川デッドボール、アルカンタラヒット、郡デッドボールで1アウト満塁のチャンス。

ここで中島に変わり、代打近藤健介

これ以上ないバッターがここで登場。が、1-2から真ん中に入ってきた変化球に反応できず見逃し三振。

続く清宮も空振り三振でゲームセット。

まとめ

この日もあと一本が出ず。

京セラの呪縛がなかなか解けません。明日こそ全員で呪縛をとくぞ~~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました