【6/17公式戦64試合目】上沢、苦手ロッテに好投も、チームは敗戦

公式戦

今日から公式戦再開!
交流戦が終わり、月・火・水・木…長かったぁ。ついに始まりますぞ( ̄▽ ̄)

スタメン

投手

上沢(7)-石川(1)-北山(1)

野手

石井(遊)
浅間(中)
松本(左)
清宮(一)
野村(三)
万波(右)
ヌニエス(指)
宇佐見(捕)
アルカンタラ(二)

試合内容

123456789RHE
M000000025790
F2101010004114
勝ち投手  本前(2勝0敗0S)
セーブ   益田(0勝1敗15S)
負け投手  北山(3勝4敗7S)

打線は初回から活発さをみせます。プロ入り初の1番に入った石井がライト前ヒットで出ると、浅間もセンター前ヒットでチャンスメイク。
松本、清宮は倒れますが、野村がレフトへのタイムリーヒットを放ち先制!
万波フォアボールの後、ヌニエスは押し出しのフォアボールを選び2点目!

さらに2回。先頭アルカンタラ、2-1から右中間へ今季10号となるソロホームラン!!

4回にもアルカンタラがフォアボールを選んだ後、石井のファーストゴロの間に2塁に進むと、浅間がセンターへタイムリーヒットを放ち追加点!

序盤にリードをもらった上沢は力投を見せます。やや制球が定まらず球数を要しましたが、ランナーを貯めながらも要所を締め得点を許しません。
5回2アウトから1塁のランナー高部をリクエストの末、牽制アウト!上沢のナイス牽制+ファースト清宮のナイスタッチでロッテの流れを切ります。

中盤は盗塁失敗やマーティンの好送球での走塁死など、中押し点ダメ押し点が取れず少し嫌な流れが…

上沢は7回を投げ109球2被安打2四球無失点でマウンドを降り、8回から継投に入ります。

8回は石川直。高部、角中に連続ヒットで0アウト1、2塁を作られると、荻野にレフトへタイムリー2ベースを打たれ1点を返されます。さらに、1アウト2、3塁で中村に犠牲フライを打たれさらに1点を返され、ジワジワ点差がなくなります。

9回は北山。少し球が上ずったり引っかかったりして制球が定まりません。先頭レアードにフォアボール、続く佐藤に2ベースでピンチを招くと、安田には高めのボールをレフトへ運ばれ4-3の一点差に。
続く高部の打席で、1塁岡の盗塁でキャッチャー宇佐見の送球が乱れ、その間に3塁ランナー和田が生還。これで同点。
ロッテの勢いは止まりません。さらに2つのフォアボールで満塁を作られると、中村に走者一掃のレフトオーバーのタイムリー2ベースを打たれ一気に逆転。

8回9回でのこの逆転劇では反撃できず、4-7でゲームセット。

まとめ

終盤に逆転を許し、リーグ最下位初戦は手痛い敗戦。

走塁死や守備のエラーが多く出てしまえば、流れが相手にいってしまう典型的な試合でした。
上沢投手は苦手ロッテ打線を封じ込めますが、ロッテ戦に限り勝ち運がありません。しかしエースとしての投球を見せ、また降板後もベンチで石川、北山両リリーフに声をかけるなどチームの中心選手として引っ張っていってます。

勝ちきれなかった試合ではありますが、切り替えて連敗を避ける戦いをしましょう!!

近ちゃんが2軍で実践復帰!センターの守備につき、2打数1安打。さす近です、さすコン
怪我の場所が場所だけに慎重に調整してもらいたいですが、1軍復帰も早く見たい…どんなケミストリーが起きるのか期待っ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました