6/12~公式戦63試合目  vs中日ドラゴンズ at札幌ドーム~

公式戦

今日の先発は中4日で加藤投手。交流戦の防御率0.00ながらも、援護に恵まれず0勝。なんとか加藤投手に勝ちをつけるべく早い回から攻めたいファイターズ。

スタメン

投手

加藤(7)-吉田(1)-北山(1)

野手

松本(中)
田宮(指)
清宮(一)
野村(三)
万波(右)
今川(左)
石井(二)
石川(捕)
上川畑(遊)

試合内容

123456789RHE
D000000000070
F00100100X280
勝ち投手  加藤(3勝4敗0S)
セーブ   北山(3勝3敗7S)
負け投手  柳(5勝4敗0S)

加藤に援護点をあげたい打線は、3回先頭石井がヒット、石川が送りバントを成功させ2塁に進め、首位打者松本1-0からの2球目をレフトオーバーのタイムリー2ベースで先制!

援護点をもらっても淡々と投げる姿は変わりません。ストライク先行で進め早々追い込む投球で中日打線に的を絞らせず、5回まで連打を許さず。
最大のピンチは6回、2アウトからヒットとフォアボールで満塁とされます。が、落ち着いており6番木下をショートゴロに打ち取りこの回も無失点で切り抜けます。

すると6回裏、先頭松本ヒット、続く田宮がきっりち送ると、3番清宮が2-2と追い込まれながらもインコース低めのストレートをうまくさばき、センター前にタイムリーヒット!!待望の追加点!

7回のマウンドにも加藤が上がり、わずか9球で締めこの回まで。結果、79球6被安打無失点の投球。

8回は吉田。ヒットを1本打たれましたが、ダブルプレーもあり3人でイニングを終えます。
9回はクローザー北山。危なげなく3人で3つのアウトを取りゲームセット。

まとめ

やっと!やっと!!加藤投手に勝ち星が付きましたぁぁぁぁぁ
今日の試合で26イニング連続で無失点と抜群の安定感を見せ、打線が奮起しなければいけない試合でした。
全得点に絡んだ松本選手は4打席4安打の固め打ち、清宮選手も維持のタイムリーで、チーム全体で加藤投手に勝ちをつけるという気持ちが伝わってきました。

交流戦は8勝10敗と負け越しはしましたが、BIGBOSS野球の浸透してきたことや最後のカードスイープで終えたこと、リーグ戦再開に弾みがついたはず!!
いい気持ちで少しの休みに入れそうです( ̄▽ ̄)

コメント

タイトルとURLをコピーしました