6/9~公式戦60試合目  vsDeNAベイスターズ at札幌ドーム~

公式戦

1勝1敗のラバーマッチ、カード勝ち越しをかけて魂込めて戦うファイターズ戦士。昨日の勢いで勝利を掴みましょう!

スタメン

投手

根本(5)-鈴木(1)-古川(1)-玉井(0)-西村(1)-谷川(1)

野手

松本(中)
上川畑(遊)
宇佐見(捕)
野村(三)
清宮(一)
石井(二)
アルカンタラ(指)
今川(右)
杉谷(左)

試合内容

123456789R HE
B0001100204140
F0002000002 70
勝ち投手  エスコバー(2勝0敗1S)
セーブ   山崎(0勝2敗10S)
負け投手  玉井(0勝1敗0S)

先発は前回プロ初勝利をあげた根本。初回から制球が安定し、1回2回三者凡退、3回には三者連続三振の完璧な立ち上がり。
しかし4回、1アウトから連続ヒットで1、3塁とされると、5番宮崎に1-1から高めに浮いた変化球をライト前に運ばれ先制を許します。

打線は4回の裏、取られたら取り返す!
先頭は今季初の3番に入った宇佐見。1-0からの2球目、左中間を破る2ベースヒット!
1アウト取られ、5番清宮。2-2と追い込まれながらもセンターフェンス直撃の2ベースヒット!!ランナーのスタートが遅れ得点とはなりません。
続く石井は初球をセンターへの犠牲フライで同点
さらにアルカンタラもレフトへの2ベースヒットで逆転に成功!!

しかし、5回表1アウトから桑原にレフトスタンドへグッバーイ。またも同点とされます。

6回7回は両チームチャンスを作りながらも無失点で進み、8回表玉井がマウンドに上がりますが、まさかの3連打であっさり勝ち越しを許します
すぐさま西村にスイッチし、後続を打ち取りなんとか2点でこの回を終えます。

8回9回の攻撃はチャンスを作れず、ゲームセット。

まとめ

カード勝ち越しならず。
交流戦に入って中継ぎ陣が撃ち込まれる試合が目立ってきています、疲れなのか精神的なことなのか。。

明日からの中日戦で交流戦が最後になります。負け越しは決まってしまいましたが、一つでも多くの勝ちを目指してまた明日から頑張りましょう!
こんな時はきつねダンス🦊

コメント

タイトルとURLをコピーしました