5/18~公式戦42試合目  vsオリックスバファローズ atほっともっとフィールド神戸~

公式戦

昨日は完封負けに加え野村選手の負傷交代で、気が気じゃない1日となりました。
野村選手の診断は鼻骨骨折。痛みに耐えながらの出場となるか。

スタメン

投手

生田目(4 2/3)-吉田(2/3)-宮西(2/3)-石川(1)-堀(1)-()

野手

松本(中)
浅間(右)
清宮(一)
野村(三)
万波(指)
石井(遊)
今川(左)
アルカンタラ(二)
梅林(捕)

試合内容

123456789 R HE
F00021350011151
B00003100X 4 71
勝ち投手  吉田(1勝0敗0S)
負け投手  ワゲスパック(0勝3敗0S)

試合が動いたのは4回。2アウトから鼻骨骨折中の4番野村がセンター前ヒット!続く万波がこのヒットを見て気合入らないわけありません。2-0からの3球目をどかーーんとレフトスタンドへ放り込みます!ゴーーンヌ!!2点を先制します。


5回には2アウト2塁で首位打者松本がセンター前へタイムリーヒット!さす剛。

勝ち投手の権利がかかる5回、生田目がオリックス打線に捕まります。2アウト1塁から、まさかの3連打を浴び一気に同点に追いつかれます。あと1アウトが遠かった…。
同点になったところで吉田にスイッチ。勝ち越しを許さない投球でこの回を終えます。

追いつかれたら、また突き放せばいいだけ。
6回先頭浅間がナイス走塁で2ベースヒットで出塁すると、3番清宮が2-2からうまくセンター前に運び勝ち越し!


さらに万波の内野安打のあと、石井があわやホームランかと思わせる当たりを放ち2点タイムリー3ベースヒットで、再び3点差に。

とどめは7回。先頭アルカンタラのホームランを皮切りに、野村のタイムリー、万波のこの日2本目となる3ランショットで5点を追加しゲームを決めます。

まとめ

打線が11得点を奪い快勝!!
野村選手の気持ちの入ったプレーを見れば、周りの選手も奮起しました。さすがの松剛、守備でも光る浅MAX、勝ち越しタイムリー清宮こーちゃん、恐怖心に打ち勝ったジェームス、2ホーマーまんちゅう、3ベースヒッター一成、久々ごーんぬアルカンタラ・・・きりがありません。

先発生田目投手は悔しい5回となりました。しかし4回まではピシャリと抑えていたため、次回こそ鬼門5回を投げ切り勝ちをつけたいところ。

明後日からまた札幌に戻りライオンズとの3連戦が待っています。交流戦前最後のカードで勝ち越しを決めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました