5/11~公式戦37試合目  vsオリックスバファローズ at札幌ドーム~

公式戦

昨日はオリックスに完敗。試合後、BIGBOSSも厳しいコメントを残しました。
今日は昨日の反省を生かし一つでもいいプレー、そして勝利を期待してます。

スタメン

投手

金子(5)-上原(1)-宮西(1)-堀(1)-北山(1)

野手

松本(中)
中島(遊)
清宮(一)
野村(三)
万波(右)
アルカンタラ(二)
浅間(左)
ヌニエス(指)
宇佐見(捕)

試合内容

123456789RHE
B000011000253
F23000000X5120
勝ち投手  金子(1勝1敗0S)
セーブ   北山(3勝1敗3S)
負け投手  ワゲスパック(0勝2敗0S)

先発金子は初回からボールを低めに集めます。2アウトからヒットとフォアボールでランナーを出しますが、宗をファーストライナーで1回を24球要しながら無失点スタート。
2回には、レフト浅間の好プレーやライト万波の好返球で金子のピッチングで盛り立てます。


すると、3回4回は三者凡退でリズムをつかみます。

一方打線は、初回から相手先発ワゲスパックを攻めます。首位打者松本がセンターへヒット、中島が内野安打、野村フォアボールで満塁のチャンス。2アウトまでいきますが、6番アルカンタラが粘りに粘り11球を投じさせフォアボールを選びます。続く浅間はファーストのエラーを誘う打球を放ち1点を追加。
2回、宇佐見ヒットと松本デッドボールで2アウト1、2塁と追加点のチャンス。3番清宮2ベース、4番野村の連続タイムリーでさらに3点を追加!

金子は5回に1点を失いますが、勝ち投手の権利をもってこの回で中継ぎへバトンタッチ。


6回上原が登板。先頭にヒットを打たれ、その後犠牲フライで1失点。
7回は宮西。きっちり3人で三者凡退。
8回は堀。1つのデッドボールと2つのフォアボールで2アウト満塁のピンチを作りますが、宗をショートフライで打ち取り無失点。
9回は北山。危なげなくフライ3つで三者凡退でゲームセット。

まとめ

投打が噛み合い快勝!!
金子投手が先発として960日ぶりの勝利で通算130勝利!!去年苦しんだ分、今年にかける思いが伝わった投球でした。
松剛4の4で打率を上げ、清宮、野村、万波の未来のクリーンアップが機能し効率よく得点できました。まだまだ粗削りなところはありますが、躍動しています!

明後日から好調ホークスとの3連戦。どんな状況でも前を向くしかありません、ファイトだ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました