5/4~公式戦31試合目  vs楽天ゴールデンイーグルスat 札幌ドーム~

公式戦

昨日は相手先発田中投手の前に好機を生かせず惜敗しましたが、最終回に希望を見せてくれました。
しかし試合は前に悲報が…近藤選手が試合前のバッティング練習でわき腹を痛めて病院へ直行したとのこと(;_:)痛すぎる離脱。

IN:金子千尋選手、水野達稀選手
OUT:上野響平選手

スタメン

投手

金子(5)-上原(1)-古川(2)-望月(1)

野手

松本(中)
石井(遊)
今川(左)
ヌニエス(一)
アルカンタラ(二)
野村(指)
谷内(三)
万波(右)
田宮(捕)

試合内容

123456789R HE
E0040000015120
F0000001001 51
勝ち投手  涌井(3勝1敗0S)
負け投手  金子(0勝1敗0S)

先発金子は1、2回三者凡退に打ち取り安定した立ち上がりをみせます。しかし、3回1アウトからヒットでランナーを許すと上位に戻り1番西川から4番島内まで4連打を浴び4失点。
4、5回は無失点で切り抜けなんとか試合を立て直します。

6回は上原、7、8回は古川が登板。ランナーを出しながらも得点を許さず、打線の反撃を待ちます。

打線は4回に0アウト2塁、6回に0アウト3塁と得点のチャンスを作りますが、イーグルス先発涌井の投球術にうまく抑えられホームをなかなか踏めません。タイムリーが打てないならば、一発しかありません。
そして7回ついにこの男が覚醒か、ヌニエス。2-1からの4球目、レフトスタンドへゴーーンヌ!!


完封は免れたものの、涌井を前に反撃はこれだけ。
9回表にも1点を追加され、1-5で完敗。

まとめ

2試合連続でイーグルス投手陣を打ち崩せず、さらに効率良く得点を取られ、首位を走るイーグルスとの実力差を感じました。
さらに近藤選手の長期離脱でかなり堪えた一日になりました。

ただ他の選手は出場機会が増え結果を出し一気にスタメンをつかみ取ってほしいです。
明日は伊藤投手対岸投手。スイープを避けたい一戦、勝ちをもぎ取りに行きましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました