4/23~公式戦23試合目  vs福岡ソフトバンクホークス at 札幌ドーム~

公式戦

昨日は打線が爆発し序盤から優位に試合進め、カード初戦を取りました。
今日はエース上沢投手が先発、連勝してカード勝ち越しを決めましょう!

IN:中島卓也、谷内亮太
OUT:渡邉諒、細川凌平

スタメン

投手

上沢(3)-吉田輝(2)-古川(2)-玉井(1)-上原(1)

野手

浅間(一)
松本(左)
近藤(中)
野村(三)
石井(二)
万波(右)
今川(指)
宇佐見(捕)
中島(遊)

試合内容

123456789R HE
H0430000209 100
F1110000003 90
勝ち投手  大関(2勝1敗0S)
負け投手  上沢(0勝3敗0S)

今季初勝利を目指す上沢は、初回先頭にフォアボールを出すと送りバントで得点圏に進まれます。3番中村、4番グラシアルを打ち取り無失点でスタートします。

先制点を上沢にプレゼントしたい打線は1回、松本フォアボール(近藤の打席で今季8個目の盗塁)、近藤フォアボールで1アウト1、2塁とチャンスを作ります。4番野村の初球、まさかのエンドランを仕掛けます。ライト前にポトリと落ち、松本が生還し先制!続く石井の打席でダブルスチールを狙いますが、これは失敗。石井も倒れ1点止まり。

先制してもらった上沢は2回制球に苦しみます。フォアボールとヒットで1アウト1、3塁とされ、今宮にライト前ヒットで同点。さらに好調三森にライトスタンドへ3ランホームランで一挙4点を取られます。

2回裏2アウトから、フォアボールとヒットで満塁とすると、首位打者松本がフォアボール押し出しで1点を返します。ここでホークスピッチャー交代。一気に逆転といきたいところですが、近藤はセンターフライで凡退。

3回表も上沢は調子が上がらず、ヒット2本でランナーを二人置いて上林にライトスタンドへグッバーイ。結局、上沢はこの回まで。3回72球7被安打3四球7失点と悔しい登板となりました。

3回裏、野村、石井が連続ヒットで出塁。2アウトまで行くも、バッティング好調の宇佐見がレフト前にポテンヒットを放ち、1点を追加。じりじり点差を縮めます。

4、5回は吉田輝が登板。21球で2回を三者凡退終わらせます。
6、7回は古川がランナーを出しながらも無失点ピッチング。

4回以降、ソフトバンク投手陣に繋がりを欠き得点ができません。
8回表玉井が2失点をし勝負あり。3-9と連勝とはなりませんでした。

まとめ

序盤の失点が大きく響き、敗戦となりました。
開幕から一ヶ月が経過しようとしている中、エース上沢投手に勝ち星がついていない厳しい状況が続いています。
しかしリリーフで登板が続いている吉田輝星投手は連続無失点が続いており、ビハインドの場面でも流れを変える投球を見せてくれています。
明日勝って、カード勝ち越しを決めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました