3/20~オープン戦16試合目  vs横浜DeNAベイスターズ at札幌ドーム~

野球

今日がオープン戦最終戦となります。未だに開幕投手やスタメンオーダーが定まっていない中、今日も選手たちはアピールを続けます。

そして試合前に嬉しいニュースが入ってきました。トライアウトから入団し育成契約した古川投手が支配下登録となりました!キャンプ、オープン戦といい投球を首脳陣に見せ、見事支配下を勝ち取りました。背番号は91。心機一転、ここからまた活躍を期待しています!

123456789RHE
B100000000160
F10010200X4100

投手

金子(3)-望月(1)-長谷川(1)-古川(1)-宮西(1)

野手

ヌニエス(一)
今川(左)
水野(遊)
浅間(中)
郡(捕)
松本(右)
佐藤(指)
石井(三)
アルカンタラ(二)

オープン戦最終戦の先発は復活をかける金子千尋。初回、連打で1、3塁のピンチを招き4番牧には犠牲フライを打たれ先制点を与えます。続く打者をショートライナーに打ち取り最少失点で切り抜けます。
1回裏、好調ヌニエスがこの日も第1打席からヒットを放ち好調をキープ。続く今川は三振、水野はサードゴロで倒れますが、4番に入った浅間がライト線を破るタイムリー3ベースヒットですぐさま同点に追いつきます。走塁の積極性も光ります。

2回の表、先頭の佐野にセンターオーバー2ベースを打たれます。1アウト3塁となり、バッター山本。1塁側へのポップフライを打ちあげ、ファーストヌニエスが飛び込みを見せますがキャッチできません。しかしガッツを見せてくれます。結果、スクイズを試みますが空振りしランナーアウトとなりピンチを切り抜けます。

3回は両チーム三者凡退に終わります。金子は3回11人の打者に対して42球3被安打1失点という結果でした。

4回は望月がマウンドへ。先頭にヒットを打たれますが、牧を6-4-3のダブルプレーに取ります。続くバッターも三振に取り、無失点ピッチング。
4回裏先頭水野は粘りのバッティングを見せます。計10球を投じさせフォアボールで出塁。続く浅間、2打席連続となるヒットを放ち、0アウト1、2塁とチャンスを広げます。郡選手はボテボテのピッチャーゴロでランナーを進めます。続く松本は初球から打ちにいきセンターへの犠牲フライで勝ち越しに成功!

5回は長谷川が登板。1アウトからフォアボールを出しますが、自らの牽制でランナーをアウトにしチャンスの芽を潰します。結局打者3人で攻撃を終わらせます。
5回裏、2アウトからヌニエスがセンター前ヒットを打ち、ここで代打清宮幸太郎!試合前には新庄BIGBOSSと稲葉GMにバッティング指導を受けて、少しリラックスしたバッティングフォームに変わっていました。ストライクが入らずフォアボールとなりましたが、自分の形を見つけ、結果を出してほしいです。続く水野は倒れこの回は0点でした。

6回のマウンドには支配下登録され早速古川があがります。フォアボールを一つ与えますが、盗塁を清水が阻止し、無失点登板。ベンチでは清々しい表情が印象的でした。
6回裏、2アウトから松本、佐藤の連打でチャンスを作り、バッター石井。センターへのヒットを放ちます!センターが後逸している間に、ランナー二人が返り2点を追加、打った石井は3塁まで到達!

7回表は吉田が登板。前回ホームランを打たれますが今日は3人でピシャリと抑えます。
その裏、代打王がヒット、清宮がライト線への2ベースヒットを放ち0アウト2、3塁のチャンス。代打宇佐見は粘りを見せるも三振、万波三振、松本サードゴロで無失点。チャンスを生かせません。

8回宮西がマウンドに上がり、完璧な仕上がりを見せスコアボードに0を掲げます。
8回裏は代打渡邉にヒットが生まれるも無失点。しかし、松本のサードゴロ、石井の右中間への大きなフライ、いずれもいい当たりでの凡打でした。

9回はクローザー候補北山が登板。先頭にヒットを許し0アウトのランナーを出しますが、落ち着いたピッチングで、2奪三振とピッチャーゴロで抑えゲームセット。

最後は新庄BIGBOSS含めベンチから出て、スタンドに挨拶をしていました。今までファイターズはこのようなファンサがなかったので、現地で見られた人はラッキーですね!
オープン戦最終戦は投打がかみ合い、快勝です。オープン戦を8勝6敗2分けで終えました。 そして次はいよいよ福岡に乗り込みシーズン開幕です。新庄BIGBOSSがどんな采配、マジックを仕掛けてくるのか色々楽しみなところがありますが、昨日今日の勢いそのままに開幕ダッシュをかけていきましょう!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました