3/11~オープン戦9試合目  vs広島カープ atマツダスタジアム~

野球

今日から広島で三連戦です。そして今日は東日本大震災から11年が経過し、試合前に黙祷を捧げました。

123456789RHE
F0100000135133
C00030102X6111

投手

池田(5)-鈴木(1)-望月(1)-古川(1)

野手

近藤(中)
清宮(左)
梅林(捕)
水野(遊)
今川(右)
王(指)
渡邉(一)
松本(二)
浅間(三)

初回、近藤が倒れるも清宮がライト前ヒットで出塁すると、4番水野の打席でなんと盗塁を決めます。スリムになって走力が上がってます、ナイスラン!しかし得点になりません。
2回の表、オープン戦でまだヒットが出ていない渡邉。試合前には新庄BIGBOSSから直接指導を受けていました。その効果か、初打席でレフトスタンドへソロホームランを放ちます。ゴーンヌ!1点を先制します。

4回には、水野、今川の連続ヒットでチャンスを作ります。続く王は、右膝に四球を受けベンチに下がります。ここまで調子がよかっただけに容体に気になります、、、とても心配です。1アウト満塁となり、第一打席ホームランを放っている渡邉。しかしここは6-4-3のダブルプレーで追加点を奪えません。

先発池田は、ランナーを出しながらも3回まで無失点に抑えますが、チャンスをモノにできないピンチがやってきます。4回裏2本のヒットでピンチになると、6番小園の打球をファースト渡邉が送球エラーで同点、7番末包はセンターへタイムリー2ベースヒットを打たれあっさり逆転を許します。5回は無失点で凌ぎ、5回6被安打3失点(自責点1)と上々の仕上がりです。

6回からはアンダースローにフォーム変更した鈴木が登板。1アウトから4番松山にライドスタンドにホームランを打たれ、1失点を喫します。

すぐさま点を返したい7回表。先頭渡邉から、石井、浅間と3連打で0アウト満塁のチャンス!近藤三振、清宮三振、石川サードゴロ…切り替えて次の回行きましょう。
7回裏のマウンドには望月が上がります。ヒット1本打たれませ宇が、しっかりと後続をきってとり無失点ピッチング。

8回表、先頭水野、今川、高濱の連続ヒットで0アウト満塁のチャンス!!前の回は忘れて、点を荒稼ぎだ!バッター田宮、三振…まずい。
しかし、ここで代打万波のコール。3試合ホームランを打ってホームランダービートップの万波です、ホームランを期待せざるを得ません。結果は、、、レフトへタイムリーヒット‼‼ホームランとはいきませんでしたが、しっかり打点を稼いでくれました。一気に同点、逆転といきたいところですが、浅間は1-2-3のダブルプレー。切り替えていこう!

9回に勢いをつけるために8回裏は三者凡退で切り抜けたいところ。マウンドに上がるは古川。ヒットとエラーで2アウト1、3塁のピンチを招くと、5番坂倉の打席で古川のけん制悪送球で1点、さらにタイムリーを打たれ2-6と点差を広げられます。
悪い流れで迎える9回。1アウトから清宮がヒットで出塁し、続く石川は三振に取られますが、4番水野はフォアボールを選びチャンスメイク。ここまでのオープン戦で万波に引けを取らない活躍をみせている今川がバッターボックスへ。2-2からの5球目、レフトスタンドへ一直線の3ランホームラン!!ゴーーンヌ!!!

1点差に点差を縮めますが、反撃もここまで。
ミスが重なり失点をし、チャンスでものにできず。去年のファイターズの試合を思い起こされるゲーム内容となってしまいました。今までの試合が出来すぎていたので、負けはしましたが少しホッと(?)した感はあります(笑)。ここでもう一度気合の入れ直しです。
ミスがありながらも終板粘りを見せ、万波、今川両選手の好調や清宮選手の2安打、渡邉選手のホームランなど調子が上向きそうな感じもありました。
王選手が大事に至ってなければいいのですが、、、

連敗しないように明日は勝ちましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました