3/6~オープン戦6試合目  vs読売ジャイアンツ at札幌ドーム~

野球

試合前に、鶴岡慎也さんの引退セレモニーが行われました。ファンからはツルちゃんの愛称で親しまれ、トレードマークの前歯からガチャピンとのコラボ商品が販売されるなど愛されキャラでしたが、昨シーズン19年間の現役生活に終止符を打ちました。ファイターズとホークスに在籍し、ダルビッシュ・大谷など数々の名ピッチャーの球を受けた選手はそれほどいないのではないでしょうか。セレモニーでは北海道移転時の白と黒のユニフォームで登場。ラストキャッチセレモニーでは、投手武田勝、一塁稲葉篤紀、二塁稲田直人、遊撃手金子誠、打者新庄剛志、走者森本稀哲とレジェンド達がグラウンドに登場し、会場を沸かせてくれます。森本さんが盗塁を試みますが見事盗塁を阻止します。今シーズンから解説者として野球界に貢献してくれています。これからのご活躍を楽しみにしています!お疲れ様でした!!

今日のスタメンはいつも通りガラポンで決めました。いつもと違うところは赤玉の存在。赤玉を引いた選手はスタメン→ベンチメンバーへ降格するというシステムで、なんと引き当ててしまったのは…清宮選手。やはり持っているんでしょうか(笑)、代わりに郡選手がスタメンに名を連ねることとなります。

123456789RHE
G000000010160
F20001001X471

投手

宮西(1)-金子(3)-古川(2)-堀(2)-望月(1)

野手

郡(指)

万波(左)

王(一)

石井(遊)

渡邉(二)

難波(三)

清水(捕)

今川(右)

近藤(中)

先発は宮西。前回沖縄のオープン戦で先発予定も雨で流れてしまったリベンジです。綺麗なマウンドに立っている姿に違和感はありますが、内容はさすがです。フォアボールを一つ出しますが、ダブルプレーで切り抜け無失点の立ち上がり。

野手陣は初回から積極的に攻めます。1番郡が初球を叩き左中間を真っ二つに割り2ベース、2番万波も初球を打ち三塁線を破る2ベースヒットで、2球で1点を先取します。続く3番王もヒットを放ち追加点。後続は倒れますが、1回に3連打で2点を先制します。

2回から4回は金子が登板。ヒットや自らの送球ミスで各回ランナーを出しますが、計4奪三振を奪い無失点と期待に応えるピッチングを見せてくれます。

5回は育成古川がマウンドへ。バッターにも的を絞らせずこの試合初の3者凡退に抑えます。ベンチに戻ると新庄BIGBOSS自ら古川の元に行きグータッチ。

守りのリズムがいいと、攻撃にもいい流れが来ます。5回裏先頭バッターの今川が2-0からの3球目。ストレートを芯でとらえレフトスタンドに一直線!ゴーーンヌ!!オープン戦2本目となるホームランで追加点です。積極的にバットを出し、結果を出しています。

7回8回は堀投手、複数イニング投げるのは久しぶりでしょうか。8回には大城に一発を浴び1点を失いますが、他の打者に対してはほぼ完ぺきな投球を見せてくれました。

8回裏には新庄BIGBOSSが今季2度目のサードコーチャーに入ります。攻撃が始まる前にはファイターズガールと一緒に踊りファンを喜ばせてくれます。肝心の攻撃は、第一打席タイムリーを打って好調な万波がバックスクリーンに飛び込む第2号ソロホームランを叩き込みます!今川に負けじと、万波もゴーーンヌ!!すぐさま1点を取り返します。BIGBOSSもサードコーチャーとしてハイタッチ。

4-1と3点差に広げた9回には望月が登板。簡単に2アウトを取るも、フォアボールとヒットで1、2塁とピンチになりますが、最後のバッターをレフトフライに打ち取りゲームセット。

今日も投打がかみ合い勝利!はむほー!投手陣は最少失点で抑え、野手陣は積極的な姿勢で効率的に得点をしました。

特に、郡選手の初回の積極性には圧巻でした。3/3のヤクルト戦9回裏2アウトで打席に立った郡選手は追い込まれると佐藤選手に代打を出されました。勝つ確率をより上げるための采配だと思いますが、郡選手からしたら悔しい気持ちだったと思います。その中迎えた今日、初回・先頭・初球を見事はじき返し先制点への導きました。新庄BIGBOSSもこういう選手を起用したいと思うのではないでしょうか。郡選手の飛躍の年になるか要チェックです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました