3/5~オープン戦5試合目  vs読売ジャイアンツ at札幌ドーム~

野球

試合前、新入団・新加入選手・新コーチの紹介セレモニーが行われました。まだ来日できていない助っ人外国人もモニターで紹介されました。早く来日できて合流する日が待ち遠しいですね。今年からでもここからスターになる選手たちが出てくるように応援しましょう!

ちなみに、新庄BIGBOSSは紹介されず。紹介も何もみんな知っていますから、そんな必要ないんですかね(笑)

123456789RHE
G000000000032
F00000102X360

投手

河野(5)-上沢(3)-長谷川(1)

野手

阪口(三)18

有薗(指)18

水野(遊)21

速水(一)24

石井(二)27

佐藤(左)25

浅間(中)25

細川(右)19

郡(捕)23

上位打線にルーキーがずらりと並んだ打順になっています。平均年齢22.2歳打線です。UGKが石井をベテランと言ってしまうのも無理はありません。数字にだしてみると本当に若いチームだと再認識させられます。

そんなベリーヤングファイターズに対するは球界屈指のピッチャー、菅野。

先頭の阪口は、2球で追い込まれるも簡単には倒れません。粘って粘って結果は三振となりましたが8球を投じさせます。続く2番有薗は4球目をレフト前ヒット、3番水野が一塁線を破る2ベースヒットを放ち、1アウト2,3塁のチャンスを作ります。続く速水(ひやみずではありません)、石井は凡退しますが、期待を抱かせる攻撃が見られました。

ファイターズ先発の河野は巨人打線を危なげなく抑えます。自らの牽制アウト、1・2回にはレフト佐藤のヒヤヒヤフライキャッチや3・5回には水野が惚れ惚れするような軽快な守備により、4回まで1安打無失点と完璧な投球を見せます。5回2アウトからヒット2本を打たれ、2・3塁のピンチを招きます。後続をショートフライに打ち取り、先発としての役割を果たします。

打線は5回に1アウトから浅間が2ベースヒットを放ちチャンスメイク。続く細川のあたりはライトフライとなり、浅間がタッチアップを狙います。そこまで送球は逸れていませんでしたが守備がもたつく間に間髪入れず、ホームまで突っ走り、1点を先取します。果敢な走塁が相手のミスを誘い、この回1ヒットで1点を奪い取ります。

オープン戦ならでは継投で6回から上沢が登板します。この回はセカンド石井が2度のファインプレーを見せ、水野に負けじとアピールしています。上沢はフォアボールを出すも貫禄のピッチングで3回を無安打。

追加点がほしいファイターズは8回、先頭宇佐見が相手のエラーで出塁すると、代打万波がレフトの頭上を越す2ベースヒットを放ちチャンス拡大。そして代打近藤、追い込まれてからの5球目を打つもファーストのジャンピングキャッチでヒットを一本奪われました。続く、水野が初球を三塁線に強い当たりを打ち、2点タイムリーヒットで追加点!その後盗塁を決め、打って走って守って大活躍の水野!!開幕スタメンへ猛アピールをします。

9回は変則左腕長谷川が登板。右バッターのインコースにストレートやスライダーをズバっと投げ込んでいきます。坂本にヒットを打たれますが、岡本はセンターフライに抑えるなど無失点に切り抜け、完封リレーが完成されました。

引き分けを挟んで3連勝中のファイターズ。オープン戦は内容が大事といわれていますが、勝ち試合が見られると気持ちがいいものです。この3試合で1失点と投手陣の安定感と堅実な守備が目立ちますし、積極的な走塁が生んだ得点と、内容もとてもいいのではないでしょうか。シーズンもこの調子でやれれば、9月ごろに「あれ?優勝争いしている」なんてこともありえるかも…

コメント

タイトルとURLをコピーしました