3/2~オープン戦3試合目  vs東京ヤクルトスワローズ at札幌ドーム~

野球

ファイターズが札幌に戻ってきました!あっという間に2月が終わり開幕まで一ヶ月を切りました。今日、明日の相手は昨シーズンNPBチャンピオンのヤクルトスワローズとの2連戦が行われます。

暖かい沖縄からまだまだ寒い札幌への移動と寒暖差に気を付けてほしいです。

123456789RHE
S000000000081
F000000100110

投手

加藤(4)-伊藤(3)-吉田(2)

野手

浅間(三)

万波(右)

石井(遊)

五十幡(中)

佐藤(二)

宇佐見(捕)

渡邉(一)

郡(指)

田宮(左)

ファイターズは、サード浅間、レフト田宮と少し守備位置を動かしてきています。

一方ヤクルトのスタメンは、助っ人外国人を含め去年のチャンピオンメンバーがずらりと並んでいます。

先発は加藤投手。初回からワンアウト1、2塁のピンチも村上、サンタナ選手を二者連続三振に切ってとり無失点で切り抜けます。3回には、先頭赤羽選手にヒットを許すもキャッチャー宇佐見選手が盗塁阻止!浅間選手も慣れないサードで軽快なグラブ捌きを見せます。そして、4回にはノーアウト1、2塁とピンチになるも、中村選手の送りバントをファースト渡邉選手がナイスフィールディングで進塁を阻止。続くオスナの打球は左中間の深くに飛びます、この回からセンターに入っている細川→石井→浅間の完璧な中継プレイ!でタッチアップを指しスリーアウトチェンジ。

5回からは伊藤投手が3イニング登板。5回は三者凡退。6回には宇佐見選手に負けじと清水選手も盗塁阻止。7回は、ツーアウトから三遊間を抜かれます。レフト田宮選手の守備位置がほぼ左中間であったため、バッター荒木選手はすかさずセカンドを狙いますが、田宮選手の素早い送球でセカンドタッチアウト!

打線は6回までノーヒットに抑えられていました。7回、万波選手に変わり近藤選手がフォアボールを選びノーアウトのランナーが出ます。続く石井選手の初球にエンドランを仕掛けるもショートゴロでチャンスを作れませんが、一塁の残った石井選手が盗塁でスコアリングポジションに進みます。細川選手は意表を突くセーフティーバントでツーアウト3塁となり、5番佐藤選手。2-2カウントから詰まったフライがセンター、ライト、セカンドのちょうど間に落ち、この試合初ヒットが均衡を破るタイムリーに!

最終回吉田投手がフォアボールを出し満塁のピンチを作りますが最後のバッターをサードゴロに打ち取りゲームセット。

結果、佐藤選手の唯一のヒットで決勝点を生み1-0で新庄BIGBOSS率いるファイターズが札幌ドームで勝利しました。

キャンプで入念に練習していた、捕手含め内外野の送球やチャージ、走塁の意識が随所に見られました。“ヒットが一本でも一点取れれば勝てる”、そういう野球が なにより、選手たちがグラウンドやベンチで生き生きと楽しそうに野球をしている姿がファンからしたらたまらないひと時ですね。勝つも負けるも、この姿勢をシーズン通して見れることを期待しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました