2/18~キャンプDay14:第五クール1日目~

キャンプ

昨年現役を引退された斎藤佑樹さんが名護のキャンプに訪れていました。同世代で高校時代から活躍している姿を見てきました、甲子園での田中将大投手との投げ合いは今でも目に焼き付いています。早稲田大学を経て、2010年4球団の競合の末、ドラフト1位でファイターズに入団となりました。早速佑ちゃんグッズが作られ、買い漁ったのを覚えています。2年目には開幕投手を任され完投勝利を挙げ、順風満帆なプロ野球人生を歩んでいくものかと思っていました。しかし、肩、肘の怪我をしてしまい、リハビリやファームでの調整が多くなっていきます。2016年には背番号18→1へ変更し、高校時代に背負った番号で再度輝きを取り戻してほしいと球団のメッセージが伝わりますが、そう簡単には怪我が癒えるものではありません。そして2021年引退を発表します。通算成績89登板(うち先発63試合)15勝26敗。決して大活躍といえる数字ではないのかもしれません(個人的には、プロの世界で15勝しているというのは相当すごいと思っています)が、間違いなくファイターズファンだけでなく野球ファンの記憶に残る野球選手だと思います。

2021/10/17札幌ドームで齋藤選手の引退試合が行われました。相手は優勝争いしているオリックスですので、忖度なしの勝負です。7回表に齋藤投手がマウンドに上がります。結果は四球でしたが、バッター福田選手にも敬意を払いつつマウンド上で笑顔がこぼれていました。ベンチやスタンドからの拍手を浴び、ベンチに戻るとともに歩んできた栗山監督から声をかけられ我慢していたものが込み上げたのでしょう。グラウンドを見る目には涙がこぼれていました。10年間思うようにいかず、心無い言葉もたくさん言われて我々が想像する以上に苦しみやり切った表情を見て、心打たれ涙する人も多かったことでしょう。

セレモニーでは、同僚が齋藤投手の登場曲「勇気100%」を熱唱する映像が流れ、周りの人から慕われ人望があったのだなと想像できます。

そんな斎藤さんが引退した今もファイターズに関わっていてくれるとファンからしたら、うれしい限りです。これからのご活躍を期待しています!

BIG組

今日は雨のため室内練習場で行われました。キャンプも終盤に近づき疲労が溜まる中、室内で限られた練習となるためより集中が必要になりそうです。

ブルペンでは、B・ロドリゲス投手がブルペン入り。2018年に入団し今年で5年目のシーズンを迎えます。先発をやっていましたが、去年は右のセットアッパーとして24Hをあげました。杉浦投手が離脱している時は、クローザーをやる時期もありました。残念ながら現時点で杉浦投手が怪我で離れており、クローザーを誰が務めるか全くの白紙状態です。日本の野球に慣れてきたと思いますし、今年はどのような活躍をしてくれるか楽しみです。

そして、斎藤佑樹さんがバッティングピッチャーとして登場しました。万波選手に対して計67球を投じました。この日のためにトレーニングを継続してきたといいます、こうしてまた投げている姿が見られてとても嬉しいです。万波選手は何本もいい当たりを見せていました、さすがです。

BOSS組

国頭では、近藤、上沢選手ら主力選手が引き続き調整を進めています。

練習風景を見ていて違和感があります、、、清宮選手の姿がありません。まさか、怪我?と心配される中、実は明日からBIG組に合流とのこと!!さあ、結果を出して一気にスターへの階段を昇ってくれることを願っています!

今日のBIGBOSS

今日は雨のためグラウンドには選手の姿はありませんでしたが、GAORA放送席に対してグラウンドから少し顔を出してくれていました。やはり“ファンは宝物”というスローガンを先頭に立って行動してくれていますね。シーズン開始してどんなサプライズがあるか今からワクワクします。

今日はキャンプ情報より、斎藤佑樹さんのことをメインで書きました。まだまだ書きたいことはありますが今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました