2/13~キャンプDay11:第三クール4日目~

キャンプ

今日は金武で楽天との練習試合です。天気が崩れることが心配されましたが、なんとか雨が降らず試合をすることができました。

123456789RHE
F000200000241
E10000302X6110

投手

河野-玉井-福田-堀-古川-鈴木

野手

万波(右)

杉谷(二)

清水(三)

石井(遊)

佐藤(指)

高濱(一)

中島(左)

郡(捕)

水野(中)

サードに清水、ショートが本職の3人が、ショート、レフト、センターに散らばっています。これにはベンチ内でもざわめきが起こっています。

先発河野投手は初回に一点を失うものの、打者の内外角をつくピッチングが見られました。昨年は中継ぎと先発をやっていましたが、一年間先発としてローテーションを守ってくれる選手だと思います。

玉井、堀両投手はそれぞれ6球、7球と圧巻のピッチング、中継ぎの柱として今年も期待できます。

福田、古川投手は失点をしたものの、ここまで実戦形式での登板機会を多くもらっており、より課題が浮き彫りになってきているのではないでしょうか。

打撃は4安打と抑え込まれましたが、要所で輝きを放っていました。

4回に石井選手のツーランホームランで逆転、4番起用に一発で応えます。先日の練習試合からバッティング好調を維持しています。

途中出場の宇佐見選手は逆方向に大きな当たりを打ちフェンス直撃のツーベースを放ちます。2019年巨人からトレードでファイターズに入団、打撃が売りのキャッチャーとして期待されましたが、打率1割台と不振が続いていました。今年のキャンプでは打撃に力を入れている様子も垣間見られ、打てるキャッチャーとして正捕手の座を狙っています。

対外試合で初の敗戦となりましたが、収穫のあるものとなったでしょう。

この試合、エラーが1、四球0。計3試合でエラー1、四球1と守りのリズムがよくなっているのが数字からもみてわかります。

ちなみに、サードを守っていた清水選手、宇佐見選手のところには打球は飛んできませんでした。どのような守備が見えるか気になっていたので残念ですね。

残念なお知らせが入ってきました。クローザーとして期待されている杉浦投手が左足の肉離れと診断され、復帰まで3週間程度かかるとのこと。開幕には間に合わないかもしれませんが、しっかりと治療・リハビリを行い万全な状態でチームに合流してもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました