2/8~キャンプDay7:第二クール4日目~

キャンプ

BIG組

午前中は名護で、グラウンド状態不良により室内練習を行っています。午後からは宜野湾で阪神との練習試合です。

123456789RHE
F3000110016110
T101000000260

投手

立野-谷川-河野-上原-柿木-西村

野手

杉谷(二)

野村(左)

万波(三)

五十幡(遊)

細川(中)

王(一)

今川(右)

古川(捕)

郡(指)

やはり驚くべきは守備位置です。去年まで守っていた場所と大幅に変え、内野手は外野を外野手は内野を守っています。練習でそのような光景は見ていましたが、試合になるとより一層緊張感があります。レフト野村選手やショート五十幡選手にも軽快なプレーが見られ、なんと失策は0。去年までのチームとは思えません(笑)

打線は初回からチャンスを作り、今川選手のタイムリーなど3点を先取。その後も、5回に細川選手にタイムリーツーベース、6回には佐藤選手のホームラン、9回には石井選手のタイムリーツーベースで、11安打6得点。

投げては、先発立野投手と谷川投手が1点ずつ失いましたが、河野、上原、西村投手はノーヒットピッチングと好投。柿木投手も無失点。

投打がかみ合って、新庄BIGBOSSの初陣を勝利で飾りました。

また結果だけでなく、試合前のシートノックや2アウトでのフライ後の俊敏な動きは去年までとは180度違った雰囲気です。画面の中からでもいい雰囲気で楽しく野球をやっていることが伝わり、見ているファンも楽しい人も多いはずです。意識の変化が垣間見え、ますます開幕が待ち遠しいですね。

BOSS組

近藤、石川亮、高山3選手がコロナ療養から復帰です。横一線のスタートといえど、近藤選手程の実績のある選手を外すほど余裕はありません(笑)逆に近藤選手が出られないほどの選手層になっていたらえげつないです。

石川選手も昨日の捕手争いに早く食い込んでいってほしいです。

今日のBIGBOSS

宜野湾の球場には、黒いランボルギーニのウルスで登場しました。

前日、打順はガラポンで決めるといっていましたが、実際は夜まで練習を頑張っている選手を縁だとのこと。全選手しっかり練習していると思いますが、とりわけ印象に残った選手がスタメンになったのでしょうか。スタメン起用の選手だけでなく途中出場の選手も結果を残し、競争がますまず激しくなっているように思います。

試合中はベンチでなく、スタンド上部のプレハブから観戦していました。いいプレーには拍手やOKサインをするなど、各選手のハツラツとしたプレーにご満悦の様子でした。

試合後には、「試合は楽しいね、面白いね」とコメント。それが選手にも伝わっているのか元気なプレー、ナイスプレーに繋がっているように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました